今まで使ってきたバイク用バッグ紹介(シートバッグ編) 感想を添えて

ども。あきゃです。YoutubeやInstagramなんかもやっています。

関連記事

ども。あきゃです。YoutubeやInstagramなんかもやっています。 CRF250rallyを増車したことによって最近また積載類について考える機会が増えてきました。 […]

前回のタンクバッグ・サイドバッグ編の続きで今回はシートバッグ編です。


シートバッグは一番使われている積載道具ではないでしょうか?
バイクの積載バッグは大は小を兼ねない事が多く、日帰り・短期・キャンプツーリング等で使うバッグが違ってくるので複数持ってる方が多いと思います。
今回も箱ではなく僕が使用したことのあるソフトバッグを紹介します。


今まで使ってきたバイク用積載バッグを紹介します

シートバッグ(バッグ型)


[70点]
GOLDWINシートバッグ15(容量11-15ℓ)(過去所有)

CBR250R時代によく使ってたシートバッグ。
通常11L、拡張15Lで上下で2気室+ポケットと小分けが効くのが便利。
どっちかの気室にレインウェアとかあまり使わないものを入れて小物は別の場所。という使い方をよくしていました。
この程度の容量のシートバッグだと1気室の物が多いのだけど小容量でも分かれているのは便利。
こういうタイプのシートバッグは容量が増えると縦に長くなる傾向があってちょっと邪魔になってくるので、これくらいが日帰りには使い勝手が良いと思う。

現在廃盤でGOLDWINでは後続品は無いし似たようなのは28Lしか無いのが残念。


[神]TANAX ミッドシートバッグ(容量28ℓ)


僕が一番よく使っているシートバッグ。
メーカー的にもトップケース+1という提案なのでセットで使う事が多いです。
ハードドラム構造で実質防水・両サイドオープン・荷物を入れなくても上部に荷物を積むことができる等かなり便利なバッグです。


セットで使ってわかるコンパクトさ。トップケースの開閉にも影響しません。

僕が所持している中で絶大なる信頼を寄せているバッグです

現在廃盤なので使えなくなったらどうしようと悩むバッグ。
もう1周りくらい大きくなって再販しないかなぁ・・・少なくとも1つは売れますよ?

関連記事

ども。あきゃです。YoutubeやInstagramなんかもやっています。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://kutusitanai.net/2021/03/07/25/ targ[…]



[85点]TANAX キャンピングシートバッグ2(容量59-75ℓ)


キャンプツーリング用バッグのド定番キャンピングシートバッグ。
1999年に発売され大量のフィードバックと共にアップデートされてきたバッグ。
このバッグだけで数記事書けるくらいの品。

近年は同様のコンセプトの大型シートバッグが増えてきましたが完成度はこの製品が何段も上な感じがします。
「これにしとけばいいや」感は異常


パッキングから積載方法まで色々学ばせてくれる、キャンプツーリングライダーなら1度は使っておくべきバッグ。
シート幅やキャリアのあるバイクなら良いですがスポーツバイクのようなリアシートの幅に乗せるのは一手間要ります。
ですがネットに先人の知恵が沢山ありますので問題ないと思います。


オススメは通常よりターポリン生地が多く使われているモデル。

シートバッグ(袋型)

ここまではバッグ型でしたが以降から袋型のシートバッグの紹介です。


[40点]SW-Motech DRYBAG180(容量18ℓ)(過去所有)


防水バッグ。よくある口をクルクル巻いてバックルで止めるヤツ。
2回くらいしか使ってないので結構忘れてるけど可もなく不可もなく・・・
ロゴとかで海外製品っぽさが出てよさげ。

パニアケースがSW-Motechなので合わせて買ったんだけど海外通販でしか買えないし性能も普通なので国内メーカーの品の方が良かったです。

ファスナー付きの口なのでショルダーバッグ的な使い方もできるのがちょっといい点ですかね。


[70点]TANAX タフザックD50(容量50ℓ)(過去所有)


こういう袋タイプのバッグはほぼ防水仕様です。

この製品は口にファスナーが付いるのと空気抜き便が付いているのがいいですね。
サイドパニアの開閉を邪魔しない横幅が決め手でした。


テント・タープなど嵩張るものはこのバッグに放り込む感じで使っていいました。


詰めても高さ低めで上にさらに積載も可能。

大きさは結構気に入っていましたけど、ツルッっとした見た目やメーカー的には問題ないみたいですが生地が薄めなのが不安で手放しました。



[80点]ENDURISTAN トルネード2 XL(容量82ℓ)


アドベンチャーバイクにぴったりなエンデュリスタンのトルネードシリーズ。
4サイズあって僕が使ったことあるのは XLとLサイズ。


XLは圧巻の82L!!

これ1つでキャンプツーリングに行ける容量です
なんでもポイポイ放り込む感じですね笑
ただデカイ。
横幅があるのでフルパニア状態だと上開き式の箱は開けないと思います。
でかすぎたのでXLは手放してLサイズ(52L)を購入し、上にもう1段防水シートバッグを乗せる積載方法にしました。

XLはシート幅やキャリアのあるバイクなら良いですがスポーツバイクのようなリアシート幅に乗せるのは辞めておいた方が良いと思います。

安定性に不安があるのと恐らくライディングポジションに人権が無くなります。


シートバッグ(番外編)

エンデュリスタンのパニアトッパー
[70点]ENDURISTAN パニアトッパーL(容量15ℓ)

パニアトッパー
本来はアルミケースの上に取り付けるものですが単品使いもできないことが無いので紹介します。

キャリアやパニアステー的なものがあれば取り付けることができます。
容量は15Lあるので日帰りに使えますし、四角いバッグは収納が楽。
防塵防水なので雨でも安心で中に芯が入っているのでしっかりしています。

エンデュリスタン製品は個人的に質感の満足度が高いので結構お気に入りです。

関連記事

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kutusitanai.net/2021/03/07/25/ target=] 以前の記事でバイクのキャンツー積載装備を紹介しました。 […]



[90点]IKEAの袋(容量?)

ご存じイケアの袋。名前はフラクタだったかな。

50Lくらいの容量があるし丈夫だしある程度防水?
値段も150円くらいと高コスパ。


薪とか買って積み込む時にシートが傷つくのを防げます。

適当に放り込んでネットで止めるお手軽積載。
買い物にも使えるし荷物が増えたり収納が面倒になった時用に・・・と色々使い道が多く大体鞄に1つ忍ばせています。

先ほど挙げた防水シートバッグのインナーバッグ的な使い方もあり。

まとめ

シートバッグはこんな感じです。

こっちもそこまで多く使ってきたわけではありませんが、定番品が多いのでハズレは少なかったです。

やっぱり定番は定番になる理由があるんだなと思います。

シートバッグはサイドバッグ以上に用途によって使い分ける必要があると思うので

・あまり使いまわしは考えず必要な容量を選ぶ
・使うバイクのシート幅を考える。
・拡張前提で買わない
・日帰り(~15L)・~1泊(30L前後)・キャンプ(60L~)
・足りない容量はサイドバッグ等で補う
・防水じゃないサイドバッグは浸水が前提
です。
関連記事

ども。あきゃです。YoutubeやInstagramなんかもやっています。 CRF250rallyを増車したことによって最近また積載類について考える機会が増えてきました。 […]


参加ブログランキング

Youtubeにもバイク中心のコンテンツがあります。そちらもお願いいたします。

FMC Blog - にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければもう1つ記事を読んでいただけると嬉しいです。

ども。あきゃです。Youtube・Instagramなんかもやっています。 僕のCRF250Rallyは購入時よりキジマのリアキャリアが装着されていて、それにG […]

ども。あきゃです。Youtubeなんかもやっています。 先々週に岐阜ツーリングに行きました。 秋になって色々と道具が増えていたのでテストツーリング insta3 […]

広告
最新情報をチェックしよう!
>FMC Youtube Channel

FMC Youtube Channel

モトブログを中心にバイクライフ動画配信中