パソコンのキャリブレーションツールを新調しました[Datacolor SpyderX]

どうも。あきゃです。

年末の話なのですけどディスプレイのキャリブレーションツールを新調しまして

DatacolorのSpyderXというものを買いました。


ProとEliteとあって今回買ったのはPro。値段差は1万くらいでEliteの方が高性能。

どっちにするか迷ったのだけど調べてみるとEliteの恩恵は動画らしいのでProにした。モトブログくらいしか動画やってないしね。


そしてキャンペーンでカラーチェッカーも貰えるみたい・・・かなりお得

paypayモールで\24,000程

以前から欲しいとは思っていて、ペイペイで10%戻ってきてカラーチェッカーがもらえる。まんまとメーカーの思うツボだけどこれが決め手でした
以前からキャリブレーションツールは持っていたのだけど
現状5枚のモニターで贅沢にながら作業をしているのですけど
①タスクマネージャーやCPU温度メモリー使用率等の情報を表示するモニター
②4K32インチでYoutube再生用
③Huionの16インチ液タブ
④クローム等で調べ物をするモニター
⑤メインのEIZOの写真用モニター
これにiPadProと古いMacBookPro

で色々ながら作業をしているのですが主に使っているのは③と⑤
③の液タブがAdobeRGBに92%程対応している液タブ。これで主にレタッチ作業をしているのですけど、最終的に表示するのは⑤のモニター。
⑤のEIZOモニターは最初からキャリブレーションツールが付いていまして

EIZOの限られたモニター限定で使えるキャリブレータ―が付属していました。

よく見るとこれもDatacolor製。旧SpyderのOEMっぽい?
とりあえず全モニターキャリブレーションはしておきたいという事も購入理由。
DataColor SpyderX PRO


本体と紙が数枚だけのシンプルなパッケージ。
ちょっと箱が分厚いけど、他に収納する所もないので箱保管して防湿庫がベストっぽい
会社ではi1Displayを使っているけど、i1の方がセンサー部をだすのが楽。
Spyderはセンサーカバーを重しとして使うのだけど、調整のためにケーブルを引っ張らないといけないのだけどすごく固い・・・
ケーブル断線するんじゃないかって位・・・まぁ1度長さ調整すればその後ほぼ触らないような感じですけど。
EIZOのキャリブレーションソフトを削除して全モニターSpyder管理をすることに。
結果・・・
許せる範囲だけど微妙にマッチングしない・・・
写真用モニターと安液タブで完全にマッチするとは思ってなかったけど、結局微妙な差を液タブのハードでの調整で縮めて妥協点としました。
5枚の各モニター微妙に色が違ってカラーマッチングとは何か?と迷走しているところです💦
メインディスプレイの色が正しいとも断言できず、ハードのパラメーターでメインモニターに近づけている時点でキャリブレーションツール要らなかったやん!!というレベル。
とりあえず手持ちで一番新しいデバイスである最新のiPadProと色が近かったらOKという事にしている。
印刷もほぼしないし一般人が見る割合が一番高いであろうApple製品のモニターでちゃんとしてればいいのである。
とはいえ各モニターの色が完ぺきとはいかずとも、キャリブレーションだけで合格点に行かない原因が気になるのでカラーマネジメントについて調べなおす必要がありますね。
キャリブレーションツールで測るだけでOKという考え方が違ったのか、とりあえずそれだけでもはっきりさせないといけません

参加ブログランキング

Youtubeにもバイク中心のコンテンツがあります。そちらもお願いいたします。

FMC Blog - にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければもう1つ記事を読んでいただけると嬉しいです。

とりあえずこれで年末の車検までは大きな出費は控えたいところ💦今の走行距離3.2万kmを超えたことがバイク人生でないのでどういったところにお金がかかってくるかわか […]

どうも。あきゃです。 中標津~野付半島~知床■2021夏北海道ツーリング#5[F700GS Mvlog]についての続きになります。 #6は北見~美幌になります

広告
>FMC Youtube Channel

FMC Youtube Channel

モトブログを中心にバイクライフ動画配信中