’19GW北海道ツーリング#08の補足

#08は新酪農村展望台~開陽台~尾岱沼ふれあいキャンプ場になります

新酪農展望台へ

この新酪農村展望台は周りに何もなく酪農地帯の中にぽつーんとある感じでした。パイロットファーム、新酪農村建設事業の地らしい風景です。

 

20分くらい居ましたが滞在者は僕一人

このような場所の展望台なので風がかなり強かったです


晴れていればもっと良かったのですけどね・・・明日は雨なので曇ってきた

それにしても前回に続き松山千春の歌が沁みますねぇ・・・ずっと聴いています笑

顔ハメパネルや看板に別海町のデータが載っていましたが少々古い感じでした。

牛の数とか搾乳量とか・・・個人的にこういうデータ結構気になるのですが!

その後、中標津町へ移動

去年のお盆弾丸GWツーリングの際泊まった中標津町緑ヶ丘森林公園は5月からの営業(この日は4/30)だったので泊まれず通り過ぎる形になりました。

中標津町も何だかんだで好きな街の1つです。

前回雨で行かなかった開陽台へ向かいます。

中標津町内を北に抜けると一気に酪農地帯になりますね


人生初開陽台!​

駐車場が埋まるくらい人が多かったのと風がめちゃ強でした。

それにしても地球が丸く見えるっていうのは納得でしたね

反対側のキャンプ場にもちらほらキャンパーが・・・バイクは左の狭い道通って行くらしいですね、昔よりマシになったらしいですけど

ここも真夏の晴れの日にもう一回来てみたいものです。

その後ミルクロードを走り尾岱沼ふれあい公園キャンプ場へ


バイクでテント1張り750円だったと思います。

車両乗り入れはできないですが、場内の道に駐車スペースがあるのとバイクは中心に地面がレンガのエリアがあるのですがそこに横付けができます。

道沿いの駐車スペースは買い物とかで一回出てしまうと場所の取り合いになるのが好きではないのですが、こういうバイクのみOKというのはすごく助かりますね。
ゴミも有料ですが回収してくださるので助かります。

というか常識内の値段+αくらいならごみ有料回収めちゃくちゃウエルカムなんですけど

ライダーは優遇される分、一般のキャンパー以上にマナー良くしていかないといけませんね。

ササっとテントを設営し、最寄りのセコマは尾岱沼ですが風呂との兼ね合いで標津町へ向かいます。

バイクで15分ほどですかね


途中で知床半島が見えたので思わず停車

雪が少ないなら明日知床へ行こうと思いましたが、明日雨なのと雪も結構あるみたいなので今回の知床成分はこれのみです。

その後、標津町内の公衆浴場くすのきで風呂に入り近くのセコマで晩飯を買い#8は終了です。

 

ではまた次回の記事で

広告
>FMC Youtube Channel

FMC Youtube Channel

モトブログを中心にバイクライフ動画配信中